FC2ブログ

2021-05

シェットランド糸を編んでみた その4 - 2019.07.18 Thu

ご覧頂きまして、ありがとうございます🙇札幌にゃんにゃやのいちはなです🐾

先日より取り掛かり中のヘリテージヤーンマフラーです。半分以上編み進めました。どのボーダーの配色も綺麗です✨
15634561490.jpeg

今回はヘリテージヤーンのラベルを読み解いてみたので、ご紹介します。
15614252440.jpeg

上から、
Shetland Heritage
シェットランド ヘリテージ。商品名です。

100% Real Shetland Wool
100%リアルシェットランドウール。本物のシェットランド産ウールのみで作られているという事。メーカーのj&Sは、700以上の地元農家から原料の羊毛を仕入れ、地元産の羊毛にこだわって生産しているようです。

2/8worsted
8番手の太さの単糸を2本撚合わせた梳毛糸(そもうし)、という意味。番手とは糸の太さの単位。1000gあたり1000メートルある糸を1番手とし、数字が大きくなるほど細く長くなる。
単糸とは、紡績して得たはじめての段階の糸。毛糸は通常2~4本の単糸を撚り合わせて作られる。
梳毛糸とは、長めの繊維を主体にしたもの。表面が滑らかで毛羽立ちが少なく、しっかりした風合いです。これに対して、短めの繊維を主体にしたものを紡毛糸(ぼうもうし)と言います。毛羽立ちが多くふんわりと柔らかい風合いになります。

25g121m(132yds)
製品の重さと長さです。yds(ヤード)は、主にアメリカとイギリスで用いられている長さの単位。1ヤードは約0.9メートル。

in accordance with BS 984
イン アッカーダンス ウィズ びーえす984
英国の毛糸の太さの規格に従った表示をしているという事。

表示の下のマークの意味
左➡ステッキマーク
英国羊毛公社の品質証明マーク。英国羊毛の中でも厳しい審査をクリアした製品にのみ付けられる。因みにステッキは、羊飼いのステッキを表しているそうです。

右➡スリーシープロゴ
J&Sが独自に定めた登録商標のようです。シェットランド諸島て生産された本物のシェットランドウールを使用している製品であるという事を示します。
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

シェットランド糸を編んでみた その5 «  | BLOG TOP |  » ミトン 練習編み中

プロフィール

いちはな

Author:いちはな
英国シェットランド発祥の編み込み模様 フェアアイルからインスピレーションをもらい、編みぐるみなどを製作している編み物猫です。

生息地 北海道 札幌。一匹の子猫の母猫です。

minneで作品を販売しております。リンクからご覧頂ければ幸いです。

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品の紹介 (44)
イベント情報 (3)
その他 (14)
編み物の勉強 (6)
棒針編み講師認定講座 (13)
棒針編み指導員認定コース (6)

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
21371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
手芸・ハンドクラフト
4783位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ご来訪数